Mi Watch Lite ソフトウェアアップデート(6.1.15)

Xiaomi Wearを起動したところ、Mi Watch Liteのソフトウェアアップデートが配信されていたので、早速インストールする。

f:id:kimama_lehman:20210325231520j:plain

アップデートの内容

  1. スマートDND機能を追加します
  2. バイブレーションモード設定を追加します
  3. レイズしてウェイクする感度設定を追加します
  4. 着信用のミュートボタンを追加します(Android
  5. Bluetooth切断リマインダーを追加します
  6. 既知のバグを修正します
  7. システムの安定性を向上させる 

 感想

  • ソフトウェアアップデートが入るなんて思ってなかったので改善されることは地味に嬉しい。
  • ソフトウェア更新は5-10分くらいで終わる。
  • スマートDND(Do Not Disturb)機能は、設定をオンにすると、睡眠時に通知をミュートしてくれるものらしい。これまでの時間帯でのDND設定に加えて動作する模様。DNDの時間帯設定を問わず、睡眠判定されたら通知がミュートになるものっぽい。睡眠判定は完璧ではない(夜にじっとしていると、睡眠と判定されたりする)ものの、悪くはないので、オンにしてもよいかも。
  • バイブレーションの強度が「デフォルト」、「強」を選択できるようになった。「強」といっても振動が強くなるわけではなく、振動時間が少し長くなるかんじ。「ブッ」って振動が「ブーッ」って振動に変わるイメージ。通知に気づかないことが多いので、この設定もオンにした。
  • 「レイズでウェイクする感度設定」はルー語な翻訳であるであることが否めないが、「持ち上げてスリープ解除」の感度設定が「デフォルト」と「強」が選択できるようになった。私は現状の判定で問題なかったので「デフォルト」のままに。
  • 「着信用のミュートボタンの追加」はスマホへの電話の着信時に「通話の切断」ボタンに加えて「ミュート」ボタンが追加された。ミュートボタンを押下すると、Mi Watchのバイブレーションとスマホ本体の着信オンがミュートになる。悪くない機能だと思います。(着信時はだいたいスマホの本体で操作しますが。)
  • Bluetooth接続リマインダー」は設定をオンにするとスマホとのBluetoothが切断されたときに振動して通知がされます。切れていて気づかなかったことがあるので、これも便利な機能。
  • バグ修正とシステム安定性の向上についてはわからず。
  • 上記以外に、心拍測定の初期画面とスマホを探す画面のデザインが若干変わった気がする。
  • 日本語表記のバグは直っていない感じ。(文字が見切れたり、翻訳が悪く意味がわからない箇所がある。)
  • 下スワイプでアクセスできる「手首の検出」設定が、設定できないバグも直っていない。(手首の検出をオンにすると、5分間スリープ解除が無効になります、という意味不明な説明文も直っていない。)
  • 文字盤「トラック」の日付表示が修正された気がする。3月25日が「325」を表示されていたのが「03/25」と表示されるようになっていた。

地味でも、こうやって改善されるのは嬉しいですね。日本語の翻訳がこなれていない部分は引き続き改善してほしい感じです。でも、悪くないですよ。Mi Watch Lite。