Coincheckの口座開設をしてみた感想

流行りのビットコインに手を出してみようと、Coincheckで口座を開設してみて、少しだけ取引をしてみたのでその感想です。この記事は投資を薦めるものではありません、投資は自己責任で。また、Coincheckアフィリエイト等の広告案件でもありません。

coincheck.com

感想

  • 口座開設はアプリ上で身分証明書と顔写真と、身分証明書と顔写真のセットを撮影して送付した。(ハガキでの開設も可能なようです。)
  • 運転免許書と顔写真を一緒に撮って送付するのは、情報漏洩した場合や悪用された場合の影響が大きそうな感じがして、心理的な抵抗感があった。(やりましたが。)
  • 写真撮影中に顔を傾けてとか、笑ってって指示されるのがハイテクな感じがして面白かった。本物の顔であることを認識しているようだった。
  • テレビCMをやっているからか、本人確認に非常に時間がかかった。ブログでアナウンスが出ているが遅延が生じている模様。(参考:本人確認審査の遅れに関するお詫び※2/17更新 – Coincheck blog
  • 私は提出した写真がNGでやり直しが発生し、2週間くらいかかった。
  • 白い縁の運転免許証を白いTシャツに重ねて撮影したのがよくなかった模様。2回めは黒いTシャツで撮影したら審査は終わりました。
  • ログイン認証はワンタイムパスワードも必要だったりして、しっかりしている印象。
  • 入金は指定された銀行口座に振り込みをすると、コインチェックの口座に残高が反映される。数十分くらいで残高が反映された。
  • 管理画面はシンプルだけど、微妙に分かりづらい箇所もあったりして戸惑うケースがありました。(最小取引額や最低取引量がわかりづらい印象。ツールを使っての指値での取引は、そこそこまとまった金額でないとできないようだった。)
  • 私は数万円だけ入金して、一通り買って様子を見て、引き上げた感じ。10,000円分のビットコインが13,000円になって返ってきました。
  • 売買のスプレッドが大きい。例えば、本記事の執筆時点で1BTCの購入が5499400.0JPY、売却が5173200.0JPYであった。ざっくり6%くらいの差分がある。取引手数料は無料とはいえ、結構この差分は厳しい。値動きが激しい仮想通貨とはいえ、短期売買でも儲けるのは至難の技であると思われる。(他のサービスの手数料やスプレッドは調べていないので、コインチェックのスプレッドが大きいのか小さいのかはわかりません。)
  • 勉強と思い、イーサリアムでMetamaskで管理する口座へ$100分の送金もやってみましたがこれも手数料が高い。(また、Metamaskからコインチェックに戻そうとしたとき、イーサリアムはガス代という概念があり、これが高騰しているので、$100分を送金するために$40かかるみたいなことになってしまう。また送金が詰まるとキャンセルにも追加コストがかかったりということで、このイーサリアムの回収が絶望的になってしまいました。)

テクノロジーへの理解とか、流行っているものに対しての理解という意味で口座開設をしてみる価値はあると思います。複雑すぎて、残念ながら仮想通貨を保持することで、投資/投機目的以外で、何の価値があるのかが理解できませんでした。(送金、決済機能としては手数料が高すぎるように感じた。)

投資を目的としたい人は0円になってしまっても構わないという程度の余裕資金を投入してガチホする、というスタンスがよいのではないかと思います。